Introduction

アドリブを習いに行ったのにアドリブを弾けと言われた。
そんな経験はありませんか?

 ジャズピアノのアドリブは直感や才能だけで演奏されていると思われがちですが、数学に公式があるように、ジャズにもジャズの公式があります。

ジャズの公式=ジャズ理論


この理論を勉強することによって、誰でもジャズピアノを演奏することができるようになります。
もちろん、理論だけではなくフィーリングも大切です。
 当スクールでは、その人の持つ個性を伸ばし、感性にブレーキがかからないよう楽しみながら、ジャズボーカルやジャズピアノの技術を身につけることができるよう指導しています。

レッスン内容

ジャズピアノレッスンではコードネーム(Cm7、G7、AMaj7)等、この他にも色々ありますが、これらを使って曲を弾いたりアドリブをすることなどが中心になっているコースです。

 曲目はJAZZのスタンダードナンバー、Fly Me To The Moon、枯葉、などたくさんのJAZZ曲の中から、先生の選んだ曲や自分でぜひ弾いてみたい曲などがあればどんどんレッスンしていきます。

 最初の数ヶ月間は一般的なジャズピアノのレッスンで使われている二段符を使い、徐々にコードネームを使っての練習に入って行くので、譜面は読めてもコードネームが苦手という方も安心して練習していけると思います。

 ジャズピアノレッスンのなかでも一番の目標は、アドリブを弾いたり曲を自分流にアレンジして弾けるようになることです。

 市販のジャズピアノの二段符の譜面を、その通り弾くことから抜け出ることが出来なくて困っている人も多いと思います。

 レッスンでは、ジャズピアノの演奏アドリブに100パーセント使われているこの「コードネーム」のマジックについて徹底的に教えています。

 基本的な「コードネーム」が少しずつ使えるようになってきたら、今度は少し専門的な「コードスケール」というものの学習に入っていきます。

 コードスケールとは、バークリー音楽院の重要必修科目のひとつで、各コードCm7やD7などのコード、つまり和音に対して最も美しく響く音階があります。

 ドレミファソラシド、そう・・・

 つまりアドリブは簡単な言い方をすると、色々な調のドレミで出来上がっているのです。

 このコードネームとコードスケールを自由に使えるようになると、とても楽しく、楽に、あらゆるジャンルの曲を演奏やアドリブしたり出来るようになります。

 アドリブを独学でマスターしようとする場合、レコードやCDの音を自分の耳で聞き、それをまる覚えしなくてはなりません。

 多くの先輩ジャズミュージシャンは、独学などでそのことに大変な労力と時間を費やしたものです。

 しかし、スプーンフルミュージックでアドリブ理論等をマスターすることによって、合理的にジャズのアドリブのやり方を理解することができるようになります。

 我流ではない、理論に基づいたアドリブは、どんな現場においても、クオリティの高い、安定した演奏を保証します。

 スプーンフルミュージックでは、バークリーシステムをもとに、レベルと、そして個性に対応したジャズ理論を指導しています。

 初心者から、スランプに陥ったプロのかたまで、確実なレベルアップを約束します。

>お問い合わせフォームはこちら
>レッスン料金はこちら

コンビネーションコースのおすすめ

コンビネーションコースは、同時に二科目の科目を60分のワンレッスンで受けることのできるコースです。
 たとえばジャズボーカルとジャズピアノコース等をレッスン時間の前半と後半に分けて同時にワンレッスンの中で受けられます。
 あまり時間のない人や、出来るだけ多くのものを短時間で広範囲に音楽的な教養を経験してみたい人に最適なコースといえます。

>お問い合わせフォームはこちら
>レッスン料金はこちら

レッスン風景

※これは旧教室(心斎橋教室)の動画です。





バナー2.jpg