自分の長所を伸ばそう

 

人間には、練習してできるようになることと、練習してもできるようにならないことがあります。

練習してもできるようにならないことにこだわっているばかりに、自分の長所を伸ばせなくなるのは本末転倒です。

僕は、練習してもできるようにならないことは、困らないくらいにできればいいと考えます。

高い声が出ないなら無理をして出す必要はないし、スキャットが苦手なら無理してスキャットをすることもありません。

僕は楽譜をおぼえることが苦手なので、おぼえることは最小限ですませています。スタンダード曲をすべて暗譜しているなんてことはなく、必要なときに、必要なだけしかおぼえません。セッションや伴奏はよく楽譜を見ながら演奏しています。

だけど、そのことで暗譜が得意な人に負けているとは思いません。僕の体にはそれ以上のデータと奏法がメカニズムとして入っているので、ピアニストとして、楽譜がおぼえられないことをハンデにしない自信があります。

伸ばすべきは、練習をしても誰でもができるようになるとは限らない、自分の持つ長所です。その長所を伸ばすためには、一層厳しい練習が必要になり、もしかすると、その長所をスポイルしないために苦手なことを練習することにもなるのですが、できないことを憎みながら練習するのと、できることを育てるために練習するのとでは、結果がまったく違ってきます。

そして、自分を大好きになりましょう。

自分を好きになればなるほど、音楽が楽しくなります。音楽が楽しくなれば、練習も楽しくなり、どんどんレベルがあります。

うぬぼれが心配な人には、チェックする方法があります。

他人の音楽を見てバカにしたり、腹が立ったりしているうちは、まだ自分のことを好きになっていないかもしれません。

 

 

 

 

2024年06月28日|コラム:コラム